topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後を生き抜いた人達の勇姿 - 2005.08.22 Mon

DSCI0028.jpg

職場の壁の飾り付けができた。記念に一枚。テーマは「平安行列(笑)」

 今日のお仕事はお年よりの誕生会。
とはいってもみんな元気。まだまだ。
「今日はさんとさんのために踊りを練習してきた」と名乗り出た人が3人に手品をやると言い出した人が1人。「みんな若い頃は戦後を生き抜くために必死だったはずなのに。平和だねえ」とおばあちゃんは言った。
そうなのだ。一生懸命に生きてきた人たちがこうしてみんなで誕生会を楽しめるのはなんともうれしいことなのだ。
 「そうだね、頑張ったんだもんね。ごめんね、なんにも知らないんだ」というと、
「ううん、うれしいんだ。」と。
「老後に好きなことをするには若いときに苦労しなさい」とアドバイスをいただいた。

  頑張ろう・・・。

 しけた雰囲気とは一転して、誕生会がはじまるとみんなの目は生き生きしだした。踊りも半端じゃなくうまい。ちび玉もびっくりだ。着物をきて、髪には花までかざっている。私はちゃちなカセットデッキで音響をこなしながら少し泣いた。自分だけしめっぽくてなんだか恥ずかしかった。
なんで泣いたかというと、今までウツみたいになっていたお年寄り達がここにきて日々明るくなっていくんだもの。すごいったらないね。
いい場所だなあ、うん。

結局お昼ご飯の時間ぎりぎりまで彼らは踊り、そのあとたらふく食っていた。
若い・・・。なんかある意味最近の若者より若い(笑)。
足腰の痛みも帰りにはなくなってるんだから。


 親について考える。私の家には父親がいないので、老後母が一人になる可能性が大きい。今から趣味をもたせようと「習い事せい」と日々言っているのだが、暇と金をよこせと返される。
うーん・・・。
DSCI0037.jpg

今日のお年寄りを見てきめた。
母よ、踊れ、踊るのだ。
舞台は君を待っているのだよ。
照明を浴びて君は美しく散れ(だめじゃん)。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keselasera.blog20.fc2.com/tb.php/8-41bfba32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトルサバイバルスピリット «  | BLOG TOP |  » 大人の階段を下りたい

焦るカレンダー。

プロフィール

モリノマミコ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。