topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れ星に手をあわせて。 - 2008.10.20 Mon

秋の夜。
やっと仕事が落ち着き、天体観測するべく、地元スキー場の展望台に行く。霧がうっすらとかかっていて、夜景がうたかたの夢のごとく、ぼんやりと光る。空の星もぼんやりと光っている。すばやくいなくなる流れ星を四つ発見。願いを願うでもなく、持っていった寝袋の中でぼんやりと眺めた。

…。

何かが変わっていく予感。なれはじめたいろんな状況に、そろそろ自分自身の悪い癖がではじめるころだ。特に秋はいけません。いろんなことに感謝して、そこにある大切なものにアンテナをはりめぐらせねば。そうしないと流れ星も大事に思えなくなる。それはよくない。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

振り込め。 «  | BLOG TOP |  » 理屈じゃなく感じて。

焦るカレンダー。

プロフィール

モリノマミコ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。