topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてスンマセン。 - 2007.11.08 Thu

 一昨日我が施設にドラムセットと電子ピアノが寄付された。利用者さんたちはもう夢中だ。昼休みは音が鳴りやまない。怖々と鳴らされたり壊れるんじゃないかというくらい鳴らされたり、シンバルにはもう傷が出来ている。はじめて触れる本格的な楽器にもうみんな興奮だ。その様子がかわいくてかわいくて、私は夢中になってカメラのシャッターを押す。カメラが向けられると、みんな役者さんのようにポーズを決めてくれる。こいつらエンターティナーだ。

 こういう素直に興味のあることに向かっていく彼らの風景があるから、結局の所この仕事が好きだったりする。純粋な彼らの姿にいつもジーンとしてしまう。


 さて、話しは変わって、夕方仕事が終わってからスーパーに行ったら子供がお総菜コーナーで

「ねー、これなに~!?」

 といって、コロッケに手を突っ込んだ。そのコロッケというのが、揚げたてを裸のまま出しているもので、トンガで取って自分でパックに詰めるような陳列のしてあるもの。興味津々で指で一つ一つ触って確かめていた。お母さんは「やめなさい!!もう!!なにしてるの!」とカンカンに怒っていたが、その様子を思わず目を細めて見てしまった。

 興味があるものにまっすぐつっこんでいく純粋な心がかわいくてしかたない。


 まあこんなに極端にはいかないまでも、これだけ素直に好きなことや興味のあることにつっこんでいけたらきっと人生楽しいだろうな。色んなワクワクを楽しめるような気がする。


 いつから遠慮深く、気を遣うようになったんだろう・・・


 母親曰く、子供の時からだったらしい。「これがほしい」と言う私に「今日はお金がないから買えないなあ」と返すと「そっか・・・うん。わかった~。(ションボリ)」と言う子供だったらしい。聞き分けがよいが、なんとなく大人びていてかわいくない。母親もお金が無かったわけではないが、なんでも買ってやるのはいけないと思ってそう言ったらしいのだが、張り合いが無いなあと時々思っていたらしい。


 もっと素直に生きてみたいものだが、性分なのだろうか。


スポンサーサイト

ガラムマサラは偉い。 «  | BLOG TOP |  » スパイダーズカフェ。

焦るカレンダー。

プロフィール

モリノマミコ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。